記事詳細ページ

米沢市上杉博物館 特別展「戦国京都と上杉家」のご案内

米沢市上杉博物館  特別展「戦国京都と上杉家」のご案内:画像

戦国時代は、個々の戦国大名が一つの地域国家として領国を自立的に支配した時代でした。一方で、戦国大名は将軍や天皇と関わりを築くために自ら積極的に働きかけ、自身の領国支配や他領域進出に活かそうともしていました。戦国大名は領国の統治だけでなく、京都の将軍や天皇との外交関係も重視していたのです。これは、越後国の戦国大名・上杉謙信やその父・長尾為景も同様でした。

 しかし、応仁の乱以降の京都は、抗争が後を絶たず、将軍や公家が離京するなど、まさに激動のさなかにありました。この混沌とした情勢のなか、将軍や天皇は「静謐」(世情の安定)を図るため、有力な戦国大名に接近し、その実現に努めました。これには謙信以前から、父の為景や兄の晴景が関与していました。またその際、交渉の窓口として、両者の間を取り持った使者たちの活躍も見過ごせません。

 上杉家ゆかりの文化財には、将軍や天皇からの贈答品が現存するほか、国宝「上杉家文書」の中に京都との外交交渉や文化的交流を示す史料が数多く残されています。上杉家の京都外交が政治的関係の構築のみならず、文化的素養を育む機会にもなったことは注目されます。

 本展では、複雑化する戦国時代の京都情勢に、長尾・上杉家がどのように向き合い、外交に取り組んできたのかをご紹介します。

 

【開催日】前期:4月16日(土)〜5月15日(日)

     後期:5月21日(土)〜6月19日(日)

※国宝「上杉本洛中洛外図?風」原本展示

  (4月16日〜5月15日 企画展示室にて)

 

【開館時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで)

 

【休館日】5月25日(水)

 

【入館料】一般700円(560円)高大生450円(360円)小中生300円(240円)

     ※( )は20名以上の団体料金

     ※5月5日(木・祝)こどもの日、高校生以下博物館入館無料!

     ※5月18日(水)国際博物館の日、どなたでも常設展入館無料!

 

◇◇講演会◇◇ 聴講無料

「上杉謙信をはじめとする戦国大名は、なぜ足利将軍と交流しつづけたのか」

法政大学・早稲田大学非常勤講師 山田康弘氏

・日時:6月4日(土)14:00〜16:00

・会場:伝国の杜2階大会議室

・定員:80名

※事前申込制5月9日(月)9:00受付開始

 

◇◇ギャラリートーク◇◇

(担当学芸員による展示解説)

・前期:4/16(土)17:15〜 5/7(土)9:15〜

・後期:5/21(土)17:15〜 6/11(土)9:15〜

・定員:各20名

※事前申込制  Ν△3/28(月)9:00受付開始

       ・い4/25(月)9:00受付開始

※要特別展入館料

 

【お問合せ・お申込み】

米沢市上杉博物館

〒992-0052 米沢市丸の内1-2-1

TEL:0238-26-8001 FAX:0238-26-2660

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

2022.04.07:[米沢観光情報]
米沢四季のまつり委員会 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-4-13 (一社)米沢観光物産協会内 TEL:0238-22-9607
ページの先頭へ

Access 1,879,198pv (2014.12.22〜) Today 439pv Yesterday 1,120pv