記事詳細ページ

米沢市座の文化伝承館「型と型紙の世界〜日本の手仕事〜」

  • 米沢市座の文化伝承館「型と型紙の世界〜日本の手仕事〜」
  • 米沢市座の文化伝承館「型と型紙の世界〜日本の手仕事〜」

米沢市座の文化伝承館では、9月26日(土)〜10月12日(月)まで「型と型紙の世界〜日本の手仕事〜」を開催します。

 

日本の伝統的な手仕事には『型』を用いるものが少なくありません。菓子の木型、布や、紙に文様を染付ける染型紙には、高度な彫刻技術と共に菓子や染色を美しく仕上げるための伝統と工夫が詰め込まれています。

また、包みの型である「折形(おりかた)」は、紙を折る、あるいはたたむことで包みの形をつくる定型のことです。

これは、植物を使用した包みからはじまり、中世以降、格式の表現方法や作法として重要なものとなりました。

現在では水引の結びとともに、のし袋やはし袋などとして受け継がれています。

本展では、米沢市上杉博物館収蔵の菓子木型、型紙などにより、『型』の知られざる魅力と美しい手仕事の世界を紹介します。

入場無料ですので、ぜひお越しください!

 

【開催日】2020年9月26日(土)〜10月12日(月)

 

【休館日】9/29(火)・10/6(火)

 

【開館時間】9:00〜17:00(入館は16:30)

 

【開催場所】米沢市座の文化伝承館 蔵

      米沢市丸の内1-3-48(米沢市児童会館となり)

※座の文化伝承館には駐車場がございません。

お車でご来館の方は、伝国の杜駐車場、おまつり広場駐車場をご利用ください。

 

【主 催】公益財団法人 米沢上杉文化振興財団

 

【お問合せ】・施設に関すること TEL:0238-23-8009(米沢市座の文化伝承館)

      ・展示に関すること TEL:0238-26-8001(米沢市上杉博物館)

 

※新型コロナウイルス感染拡大状況に応じて、展示日程の変更や入場制限を行う場合があります。

最新の情報は伝国の杜HPをご確認ください。

※新型コロナウイルス感染防止のため、マスクの着用、手指の消毒などをお願いいたします。また、ご観覧時のソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。

 

 

2020.08.26:[米沢観光情報]
米沢四季のまつり委員会 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-4-13 (一社)米沢観光物産協会内 TEL:0238-22-9607
ページの先頭へ

Access 1,242,157pv (2014.12.22〜) Today 744pv Yesterday 791pv